車検の予約前に行っておくと良い事

愛車の車検が近づいてきた時に、初めての方は何をどうすれば良いのか分からない、という方もいらっしゃるでしょう。車検の予約は満期の一ヶ月前から行う事が出来ます。初めての方はなるべく早い段階でしっかり準備が行えるように段取りを組んでおきましょう。まず、一ヶ月前に行う事は費用の比較です。購入した販売店やディーラーで受けるつもりの方は良いですが、それでも一度他の整備工場やカーショップからも費用を比較すると良いでしょう。比較する時は自賠責保険料、重量税、印紙代は法定費用となるので費用は決まっています。見比べる際はその他の検査費用、代行費用などをチェックしておきましょう。また、各ショップには車検の予約する際に割引サービス、プレゼントなどが用意されているケースもあります。どのようなキャンペーンがあるのかを調べておくのも良いでしょう。

車検の早期予約がお得

車検は2年に1回は実施しないといけないので、忘れないことが大事です。忘れ防止対策として早期予約をすると安心です。直近になって忘れていても業者から通知や連絡が有ります。さらに業者によってはお得となる場合があります。早期予約をすることで割引を実施しているところもあるので早めに決めておくとよいです。先の予定がわからなくても、直近になって日程調整にも応じてくれます。早めに決めておくメリットには、混雑時にも受けられるということもあります。混雑するのは週末や月末が多いので、早めに連絡をとって予定に入れておけば安心です。連絡方法は実際に店舗に行って行うこともできますが、電話やインターネットなどでも応じてくれる場合があります。早めの行動をとることがお得であり安心です。早めに動けば業者の選定にもじっくりと時間を設けることが可能です。

車検の予約は出来るだけ早めに入れておくのがお勧め

自動車を自身が所有する私有地内で走行させるだけなら、車検が切れていても問題ありません。しかし、公道を走らせる場合はそういうわけにはいきません。車検の有効期限が切れた状態では公道の走行を行うことは出来ないので、期限が切れる前に、きちんと適切な継続検査を受けておく必要があります。整備工場や検査の希望時期によっては、他にも検査を受ける自動車が多数存在していて、なかなか予約が取れない場合があります。しかし有効期限が切れてしまう前に必ず継続検査を受けておかなくてはならない為、出来るだけ早めに予約を入れておいた方が安心でしょう。整備工場やディーラー等では早期予約で基本料金の割引キャンペーンが適用されるケースも多いので、早めに各業者の料金やキャンペーン内容を調べておき、余裕を持ってスケジュールを組んでおくことをお勧めします。